今日は、お昼ご飯にシチューを食べました。

今日はお昼ご飯に昨日作ったシチューを作りました。私はいつもお昼ご飯に作る食べ物と言えばシチューやカレーなどのレトルト食品が多いです。でも最近はそういったものばかり食べていると体に悪いと思ってやめています。最近はなかなか思い通りにいかないことが多かったので極力食事を良いものにしようと思って考えていたのですがなかでもチャーハンと蚊が色々な栄養が入っていていいかなと思いました。これからもチャーハンはたくさん作ろうと思いましたし、色々なことに対して色々なものを取り入れて行くという事も大事だと思いました。これからもたくさん料理をしていきますがその中でも大事なものはたくさん入れてやって行こうと思っています。特に最近は体が思うように動いてくれないのでその分色異なことが出来ない状態なので少しずつ改善していこうと思っています。皆さんは体が思うように動かない時ってありませんか?私はしょっちゅうあるので困っています。http://xn--eckr4nmbzet23wol1b.xyz/

スポーツは何歳まで現役で出来るかは自分次第

私は16歳で怪我をしてから、度々怪我を重ねて、今は20代後半で、大きな怪我を避けながらスポーツをしています。もう30を過ぎればしっかりとはスポーツができないのでは無いかとどうしても考えてしまいますが、最近は、40代の女性達のアスリートに沢山出会って、年齢を言い訳にはできないと実感しました。彼女達は、ただスポーツをするだけでなく、社会人のチームで、高校生や大学生と混ざり、実際に高校生相手に本気で試合をします。私も一緒に試合に出ましたが、体力はしっかりとあり、疲れたと言いながらもしっかりと走っていました。そんな状況を見ていると、私の怪我しているから、とかもうすぐ30歳だからと言うのはただの言い訳だと思いました。プロでやっているわけでは無いので、怪我には慎重にしなければなりませんが、これからも50歳になってもしっかりと大学生達と走り回れるおばさんになっていた方が私はかっこいいのかなと思っています。まだまだ長い間現役アスリートと言える様に頑張ろうと思いました。キャッシング 即日 借り入れ

透析というのは腎臓という部分においてよくないときに

透析というのはそういうことによって腎臓をしっかりと動かない状況になってしまっているとしても生きていくということができるようにはなっています。しかし、それでもリスクはあります。例えば合併症の可能性はあります。特にやることは血液透析ではなく腹膜透析に特有の合併というのがあったりしますから、これはそのあたりが怖いことになっているといえるでしょう。これはカテーテル閉塞とかカテーテル出口部感染なとになるとされているわけです。さて、血液が固まらないようにするために抗凝固薬というのを使用するわけです。こうしたところにもそこそこ負担がかかるということになります。体にはそれなりの負担がかかるということになりますから、これは実に怖いことである、ということはよく理解しておきましょう。ですがやらなければならないという人もいるということになります。透析というのはしないといけないということになってしまったのであればやるしかないです。キレイモ 全身脱毛

まさか自分が生きている間にまた年号が変わるとは

先週平成に変わる新しい年号が発表され令和と決まった。

あらゆる方面から批判と混乱を招かないようにと選考側もかなり苦慮して且つ覚えにくい難しい字の年号は避けないといけないという思いが感じて慎重に慎重に年号を決めたんだろうなあという印象が発表された時に真っ先に感じた事である。

これで曲がりなりにも昭和・平成そして令和と3時代目を生きていく事になったのだが、昭和には昭和の思い出もあったし平成には平成の思い出も当然あるのだが、人生の折り返し地点をとうに過ぎた私にとってまずは令和になって阪神淡路大震災や東日本大地震のような災害や戦争によって当たり前の事が当たり前に出来ない世の中になるのが一番辛い事である。これは自分の力ではどうにもならない事なのでお願い事に近いのだが、平穏無事に平々凡々と生きていけたらとついつい願ってしまう。

年号が変わる事によって周りは何かしらバタバタとするのだと思うのだが、自分は自分と思って昭和平成にはない人生の思い出を令和でたくさん作っていけたらいいなあと思う残り少ない平成の日々に記事を書きながら感じる事である。ベルタ酵素 売ってる場所

冬眠中の熊はなぜ尿を出さなくても大丈夫なのか?

熊の冬眠は、3か月間にも及びます。その間は、もちろん飲まず食わずである。しかし、実りの

多い秋のうちに果実や木の実、魚、昆虫までモリモリと食べ、皮下脂肪にして蓄えておくから平気である。皮下

脂肪は冬眠中、中枢神経を刺激する役目も果たし、熊をウトウトと眠らせます。冬眠中は、排泄も一切なし。飲まず

食わずだからそれでいいというのは、理由にはなりません。体温が35度はあることから、エネルギー代謝が止まっていないのは

明らかである。糞は出ないにしても尿が出ないのは変である。もし、3か月も血液中の尿素を排出しなかったら、体中がむくんで

しまうはずである。実は冬眠中の熊の体内には、尿素の生成を抑える物質クレアチニンができるのです。これが血液中で増加し、

尿素の増加を最小限に食い止める。だから、尿素が体中にまわって尿毒症になることもなく、熊は安心して冬眠していられるのです。

また、人間ではクレアチニンの数値が腎臓の働きに異常が起きていないかを調べる手がかりの一つになっています。借り入れ おすすめ