肌に良くないのは分かっているけど、体はゴシゴシ洗いたくなる

よく、お風呂で体をごしごし洗うのはあまりよくないということを聞いたりします。

その理由は、肌に含まれている皮脂を必要以上に洗い落としてしまい、乾燥しやすくなるからです。

肌が乾燥してしまうと余計な皮脂を分泌しようとしたり、その皮脂に雑菌が増えることによって、肌荒れを起こしやすいからなんだそうです。

でも、だからといって、どういう力加減や洗い方が良いのかというのは、はっきりとはわからないんですよね。

泡立てたボディーソープを手で撫でる程度でいいとも聞くが、それではなんとなく洗い足りないような感じがしてしまいます。

肩や背中にかけては手が届きにくいところもあるし、毎日のお風呂でゆっくりていねいに体を洗う時間の余裕もありません。

それに、なによりも、ごしごし洗ったあとの「洗った感」というのも、やめられない理由の一つなのかもしれませんね。

ただ、やはり程度というものはあるので、ごしごし洗いも週に一日くらいにして、保湿を忘れないようにしたいものです。キレイモ プラン変更