冬眠中の熊はなぜ尿を出さなくても大丈夫なのか?

熊の冬眠は、3か月間にも及びます。その間は、もちろん飲まず食わずである。しかし、実りの

多い秋のうちに果実や木の実、魚、昆虫までモリモリと食べ、皮下脂肪にして蓄えておくから平気である。皮下

脂肪は冬眠中、中枢神経を刺激する役目も果たし、熊をウトウトと眠らせます。冬眠中は、排泄も一切なし。飲まず

食わずだからそれでいいというのは、理由にはなりません。体温が35度はあることから、エネルギー代謝が止まっていないのは

明らかである。糞は出ないにしても尿が出ないのは変である。もし、3か月も血液中の尿素を排出しなかったら、体中がむくんで

しまうはずである。実は冬眠中の熊の体内には、尿素の生成を抑える物質クレアチニンができるのです。これが血液中で増加し、

尿素の増加を最小限に食い止める。だから、尿素が体中にまわって尿毒症になることもなく、熊は安心して冬眠していられるのです。

また、人間ではクレアチニンの数値が腎臓の働きに異常が起きていないかを調べる手がかりの一つになっています。借り入れ おすすめ